• 財務?業績

    決算の概要

    経営成績サマリー

    売上高

    37,503百萬円

    前年同期増減率7.5 %

    営業利益

    1,387百萬円

    前年同期増減率62.7 %

    経常利益

    1,302百萬円

    前年同期増減率70.7 %

    親會社株主に帰屬する當期純利益

    648百萬円

    前年同期増減率32.0 %

    1株當たり當期純利益

    183.10

    前年同期増減率34.3 %

    経営成績

     當連結會計年度における國內経済は、新型コロナウイルス感染癥の拡大及び度重なる緊急事態宣言の発出を背景に、雇用?所得環境の悪化が続き、経済活動が停滯し、厳しい狀況が続きました。一方、ワクチン接種率の向上により個人消費及び企業収益は持ち直しの動きが見られ、政府による経営継続補助事業などの各種政策の効果の兆しもみられました。海外経済におきましては、ワクチン接種率の高い先進國では回復がみられますが、接種率の低い発展途上國では引き続き感染癥の影響により、経済活動が抑制されるなどの厳しい狀況が続いております。
     當社グループが主力とする農林業用機械業界におきましては、機械の出荷?生産実績が、國內?輸出向けとも前期より増加するなど、各種政策の効果がみられました。
     このような狀況のもと、當社グループは、引き続き感染癥の影響により大規模展示會が中止になる中、動畫配信による製品の紹介や、新たな販路開拓を目的に、ウルトラファインバブル製品の拡販活動などを実施するとともに、経営継続補助金政策効果による販売増に対応いたしました。海外におきましては、リモート営業にてウルトラファインバブル製品などの拡販活動を展開してまいりました。
     これらの結果、國內におきましては、アグリ流通において、セット動噴や農林業用機械用の部品の売上が増加し、ホームセンター流通においても農林業用機械用の部品の売上が増加した結果、國內売上高は29,602百萬円(前期比8.8%増)となりました。また、海外におきましては、工業用ポンプは減少しましたが、北米、中南米を中心に防除機や刈払機が増加した結果、海外売上高は7,900百萬円(前期比2.9%増)となり、売上高合計は37,503百萬円(前期比7.5%増)となりました。
     利益面では、売上高の増加に伴う売上総利益の増加などにより、営業利益は1,387百萬円(前期比62.7%増)、経常利益は1,302百萬円(前期比70.7%増)、親會社株主に帰屬する當期純利益は855百萬円(前期比32.0%増)となりました。

    売上高

    単位(百萬円)

    製品區分別売上 第1四半期
    (1Q)
    第2四半期
    (2Q)
    第3四半期
    (3Q)
    通期
    農林業用機械 - - - 29,288
    工業用機械 - - - 5,693
    その他の機械 - - - 2,328
    不動産賃貸他 - - - 485
    農林業用機械

     國內におきましては、セット動噴や部品が増加いたしました。また、海外におきましては、刈払機が増加したことなどにより、國內外の農林業用機械の売上高合計は29,288百萬円(前期比10.8%増)、営業利益は2,027百萬円(前期比96.0%増)となりました。

    工業用機械

     國內におきましては、洗浄機が増加いたしましたが、海外におきまして、主に北米、歐州向けの工業用ポンプが減少した結果、國內外の工業用機械の売上高合計は5,693百萬円(前期比6.2%減)、営業利益は1,162百萬円(前期比14.0%増)となりました。

    その他の機械

     消防機械を主なものとする、その他の機械の売上高は2,328百萬円(前期比5.8%増)、営業利益は69百萬円(前期比47.3%減)となりました。

    不動産賃貸他

     不動産賃貸他の売上高は485百萬円(前期比0.6%減)、営業利益は239百萬円(前期比15.2%減)となりました。

    財政狀況サマリー

    総資産

    34,154百萬円

    純資産

    16,989百萬円

    自己資本比率

    49.7%

    財政狀況

    (資産)
     當連結會計年度末における資産総額は34,154百萬円となり、前連結會計年度末より1,420百萬円増加いたしました。
     流動資産は21,863百萬円となり、前連結會計年度末に比べ956百萬円増加いたしました。これは主に、受取手形及び売掛金の減少(657百萬円)はありましたが、原材料及び貯蔵品の増加(498百萬円)、流動資産その他に含まれる未収入金の増加(926百萬円)によるものであります。
     固定資産は12,291百萬円となり、前連結會計年度末に比べ464百萬円増加いたしました。これは主に、営業所の移転に伴う建物及び構築物(純額)の増加(471百萬円)期末日にかけての時価の上昇などによる投資有価証券の増加(311百萬円)によるものであります。

    (負債)
     當連結會計年度末における負債総額は17,165百萬円となり、前連結會計年度末に比べ473百萬円増加いたしました。
     流動負債は14,757百萬円となり、前連結會計年度末に比べ3,847百萬円増加いたしました。これは主に、電子記録債務の増加(524百萬円)、1年內返済予定の長期借入金の増加(2,857百萬円)によるものであります。
     固定負債は2,407萬円となり、前連結會計年度末に比べ3,373百萬円減少いたしました。これは主に長期借入金の減少(3,194百萬円)によるものであります。

    (純資産)
     當連結會計年度末の純資産総額は16,989百萬円となり、前連結會計年度末に比べ947百萬円増加いたしました。
     これは主に、自己株式の増加(308百萬円)はありましたが、親會社株主に帰屬する當期純利益を計上したことなどによる利益剰余金の増加(690百萬円)、期末日にかけての時価の上昇によるその他有価証券評価差額金の増加(285百萬円)によるものであります。

    経営成績サマリー

    売上高

    7,069百萬円

    前年同期増減率34.5 %

    営業利益

    △64百萬円

    前年同期増減率- %

    経常利益

    △49百萬円

    前年同期増減率- %

    親會社株主に帰屬する當期純利益

    △82百萬円

    前年同期増減率- %

    1株當たり當期純利益

    △17.53

    前年同期増減率- %

    経営成績

     當第1四半期連結累計期間における國內経済は、新型コロナウイルス感染癥(以下、「感染癥」という。)の影響により、雇用情勢や個人消費は弱い動きとなっており、企業収益も大幅な減少が続くなど、依然として厳しい狀況で推移いたしましたが、Go Toキャンペーンや農林漁業者の経営への影響を克服するための経営継続補助金など、政府による各種政策の効果の兆しもみられました。また、海外経済におきましても、感染癥の影響により、歐州では経済活動が抑制されるなどの厳しい狀況が続いておりますが、米國や中國では持ち直しがみられるなど、先行きにつきましても緩やかな回復が期待されています。
     當社グループが主力とする農林業用機械業界におきましては、機械の出荷?生産実績が、國內?輸出向けとも前年同四半期より増加するなど、各種政策の効果がみられました。
     このような狀況において當社グループは、國內におきましては、引き続き大規模展示會が中止になる中、動畫配信による製品の紹介などを実施してまいりました。また、経営継続補助金政策がとられている中、當社グループにおきましては、生産?販売活動が好調となり、それぞれにリソースを振り分けることで対応するとともに、引き続き既存の製品を感染癥対策製品として販売する他、國內で発生している鳥インフルエンザ対策製品を販売するなど、環境衛生用機械分野に積極的に取り組むことにより販売の拡大に努めてまいりました。海外におきましては、リモート営業にてウルトラファインバブル製品などの拡販活動を展開してまいりました。
     これらの結果、國內におきましては、アグリ流通において経営継続補助金政策の影響もあり大型機械の売上が増加し、ホームセンター流通においても前期から引き続き好調を維持した結果、國內売上高は5,590百萬円(前年同四半期比44.8%増)となりました。また、海外におきましても、北米向けの刈払機の増加などにより、海外売上高は1,479百萬円(前年同四半期比6.2%増)となり、當第1四半期連結累計期間の売上高合計は7,069百萬円(前年同四半期比34.5%増)となりました。
     利益面では、売上高の増加に伴う物流費の増加はありましたが、売上総利益の増加や旅費などの経費の減少により、営業損失は64百萬円(前年同四半期は426百萬円の損失)、経常損失は49百萬円(前年同四半期は402百萬円の損失)となりました。親會社株主に帰屬する四半期純損失は、投資有価証券評価損の計上などにより82百萬円(前年同四半期は299百萬円の損失)となりました。

    売上高

    単位(百萬円)

    製品區分別売上 第1四半期
    (1Q)
    第2四半期
    (2Q)
    第3四半期
    (3Q)
    通期
    農林業用機械 5,310 - - -
    工業用機械 1,152 - - -
    その他の機械 559 - - -
    不動産賃貸他 119 - - -
    農林業用機械

    國內におきましては、アグリ流通では大型機械やセット動噴が増加し、ホームセンター流通では刈払機を中心に増加いたしました。また、海外におきましても、刈払機が増加したことなどにより、國內外の農林業用機械の売上高合計は5,310百萬円(前年同四半期比51.8%増)、営業利益は88百萬円(前年同四半期は346百萬円の損失)となりました。

    工業用機械

    國內におきましては、洗浄機が増加いたしましたが、部品が減少いたしました。海外におきましても、北米向けの工業用ポンプは増加したものの、歐州向けが減少した結果、國內外の工業用機械の売上高合計は1,152百萬円(前年同四半期比4.3%減)、営業利益は151百萬円(前年同四半期比24.2%減)となりました。

    その他の機械

    消防機械を主なものとする、その他の機械の売上高は559百萬円(前年同四半期比10.9%増)、営業利益は32百萬円(前年同四半期比3.4%減)となりました。

    不動産賃貸他

    不動産賃貸他の売上高は119百萬円(前年同四半期比1.2%減)、営業利益は60百萬円(前年同四半期比12.2%減)となりました。

    財政狀況サマリー

    総資産

    31,637百萬円

    純資産

    15,910百萬円

    自己資本比率

    50.1%

    財政狀況

     當第1四半期連結會計期間末における資産総額は31,637百萬円となり、前連結會計年度末より1,096百萬円減少いたしました。これは、商品及び製品の増加(814百萬円)はありましたが、現金及び預金の減少(1,068百萬円)、受取手形及び売掛金の減少(855百萬円)などによるものであります。
     負債総額は15,726百萬円となり、前連結會計年度末より964百萬円減少いたしました。これは、電子記録債務の減少(464百萬円)、賞與引當金の減少(226百萬円)、流動負債その他に含まれる未払金の減少(302百萬円)などによるものであります。
     純資産総額は15,910百萬円となり、前連結會計年度末より131百萬円減少いたしました。これは、その他有価証券評価差額金の増加(195百萬円)はありましたが、配當金の支払いなどによる利益剰余金の減少(248百萬円)などによるものであります。

    経営成績サマリー

    売上高

    17,601百萬円

    前年同期増減△4.8 %

    営業利益

    895百萬円

    前年同期増減率-%

    経常利益

    833百萬円

    前年同期増減率-%

    親會社株主に帰屬する當期純利益

    445百萬円

    前年同期増減率- %

    1株當たり當期純利益

    94.37

    前年同期増減率- %

    経営成績

     當第2四半期連結累計期間における國內経済は、新型コロナウイルス感染癥(以下、「感染癥」という。)の影響により、個人消費は弱含みとなっており、企業収益も持ち直しの動きが期待されるものの、変異株の感染拡大傾向など不透明感の強く殘る狀況となっております。一方、政府による経営継続補助事業などの各種政策の効果の兆しもみられました。海外経済におきましても、中國では回復がみられますが、米國や歐州では感染癥の影響により、経済活動が抑制されるなどの厳しい狀況が続いております。
     當社グループが主力とする農林業用機械業界におきましては、機械の出荷?生産実績が、國內?輸出向けとも前年同四半期より増加するなど、各種政策の効果がみられました。
     このような狀況において當社グループは、國內におきましては、引き続き大規模展示會が中止になる中、動畫配信による製品の紹介などを実施してまいりました。また、政策効果による販売増に対応すべく販売?生産のリソースを適切に振り分けるとともに、新たな販路の開拓を目指し「人と環境に優しい」ウルトラファインバブル製品を専門に扱う組織を立ち上げました。海外におきましては、リモート営業にてウルトラファインバブル製品などを中心に拡販活動を展開してまいりました。
     これらの結果、國內におきましては、アグリ流通において経営継続補助金政策の影響もあり大型機械やセット動噴の売上が増加し、ホームセンター流通においても前期から引き続き好調を維持した結果、國內売上高は14,010百萬円(前年同四半期比26.5%増)となりました。また、海外におきましても、工業用ポンプは減少しましたが、北米向けの刈払機の増加などにより、海外売上高は3,591百萬円(前年同四半期比1.9%増)となり、當第2四半期連結累計期間の売上高合計は17,601百萬円(前年同四半期比20.5%増)となりました。
     利益面では、売上総利益の増加などにより、営業利益は895百萬円(前年同四半期は75百萬円の損失)、経常利益は833百萬円(前年同四半期は106百萬円の損失)となり、親會社株主に帰屬する四半期純利益は445百萬円(前年同四半期は110百萬円の損失)となりました。

    売上高

    単位(百萬円)

    製品區分別売上 第1四半期
    (1Q)
    第2四半期
    (2Q)
    第3四半期
    (3Q)
    通期
    農林業用機械 - 13,617 - -
    工業用機械 - 2,578 - -
    その他の機械 - 1,310 - -
    不動産賃貸他 - 241 - -
    農林業用機械

    國內におきましてはアグリ流通では大型機械やセット動噴が増加し、ホームセンター流通では刈払機を中心に増加いたしました。また、海外におきましても、刈払機が増加したことなどにより、國內外の農林業用機械の売上高合計は13,617百萬円(前年同四半期比30.3%増)、営業利益は968百萬円(前年同四半期は7百萬円の損失)となりました。

    工業用機械

    國內におきましては、洗浄機が増加いたしましたが、工業用ポンプや部品が減少いたしました。海外におきましても、工業用ポンプが減少した結果、國內外の工業用機械の売上高合計は2,578百萬円(前年同四半期比9.7%減)、営業利益は525百萬円(前年同四半期比3.6%増)となりました。

    その他の機械

    消防機械を主なものとする、その他の機械の売上高は1,310百萬円(前年同四半期比9.6%増)、営業利益は63百萬円(前年同四半期比24.7%減)となりました。

    不動産賃貸他

    不動産賃貸他の売上高は241百萬円(前年同四半期比0.7%減)、営業利益は130百萬円(前年同四半期比4.7%減)となりました。

    財政狀況サマリー

    総資産

    34,129百萬円

    純資産

    16,638百萬円

    自己資本比率

    48.8%

    財政狀況

     當第2四半期連結會計期間末における資産総額は34,129百萬円となり、前連結會計年度末より1,395百萬円増加いたしました。これは、電子記録債権の減少(1,071百萬円)はありましたが、受取手形及び売掛金の増加(1,392百萬円)、商品及び製品の増加(839百萬円)、投資有価証券の増加(479百萬円)などによるものであります。
     負債総額は17,490百萬円となり、前連結會計年度末より798百萬円増加いたしました。これは、支払手形及び買掛金の増加(827百萬円)などによるものであります。
     純資産総額は16,638百萬円となり、前連結會計年度末より596百萬円増加いたしました。これは、親會社株主に帰屬する四半期純利益を計上したことなどによる利益剰余金の増加(279百萬円)、その他有価証券評価差額金の増加(357百萬円)などによるものであります。

    経営成績サマリー

    売上高

    28,776百萬円

    前年同期増減率17.9 %

    営業利益

    1,591百萬円

    前年同期増減率169.1 %

    経常利益

    1,589百萬円

    前年同期増減率186.6 %

    親會社株主に帰屬する當期純利益

    912百萬円

    前年同期増減率 193.8%

    1株當たり當期純利益

    193.87

    前年同期増減率- %

    経営成績

     當第3四半期連結累計期間における國內経済は、新型コロナウイルス感染癥(以下、「感染癥」という。)の影響が継続し、変異株による感染再拡大傾向など不透明感の強く殘る狀況となっております。一方、ワクチン接種率の向上により個人消費及び企業収益は持ち直しの動きが見られ、政府による経営継続補助事業などの各種政策の効果の兆しもみられました。海外経済におきましても、ワクチン接種率の高い先進國では回復がみられますが、接種率の低い発展途上國では引き続き感染癥の影響により、経済活動が抑制されるなどの厳しい狀況が続いております。
     當社グループが主力とする農林業用機械業界におきましては、機械の出荷?生産実績が、國內?輸出向けとも前年同四半期より増加するなど、各種政策の効果がみられました。
     このような狀況において當社グループは、國內におきましては、経営継続補助金政策効果による販売増に対応するとともに、サプライチェーンにおける調達リスクを最小限に抑える活動をしてまいりました。海外におきましては、コロナ禍の影響による世界的なコンテナ物流の混亂に対応し、販売機會損失の回避に努めました。
     これらの結果、國內におきましては、アグリ流通において、大型機械やセット動噴の売上が増加した結果、國內売上高は23,080百萬円(前年同四半期比22.2%増)となりました。また、海外におきましても、工業用ポンプは減少しましたが、歐州向け、中南米向けの刈払機の増加などにより、海外売上高は5,695百萬円(前年同四半期比3.2%増)となり、當第3四半期連結累計期間の売上高合計は28,776百萬円(前年同四半期比17.9%増)となりました。
     利益面では、売上総利益の増加などにより、営業利益は1,591百萬円(前年同四半期比169.1%増)、経常利益は1,589百萬円(前年同四半期比186.6%増)となり、親會社株主に帰屬する四半期純利益は912百萬円(前年同四半期比193.8%増)となりました。

    売上高

    単位(百萬円)

    製品區分別売上 第1四半期
    (1Q)
    第2四半期
    (2Q)
    第3四半期
    (3Q)
    通期
    農林業用機械 - - 22,653 -
    工業用機械 - - 4,169 -
    その他の機械 - - 1,809 -
    不動産賃貸他 - - 364 -
    農林業用機械

    國內におきましては、大型機械やセット動噴を中心に増加いたしました。また、海外におきましても、刈払機が増加したことなどにより、國內外の農林業用機械の売上高合計は22,653百萬円(前年同四半期比24.6%増)、営業利益は1,841百萬円(前年同四半期比179.5%増)となりました。

    工業用機械

    國內におきましては、部品が減少しましたが、洗浄機が増加いたしました。海外におきましては、北米、歐州向けの工業用ポンプが減少した結果、國內外の工業用機械の売上高合計は4,169百萬円(前年同四半期比5.8%減)、営業利益は763百萬円(前年同四半期比1.2%減)となりました。

    その他の機械

    消防機械を主なものとする、その他の機械の売上高は1,809百萬円(前年同四半期比9.8%増)、営業利益は77百萬円(前年同四半期比27.3%減)となりました。

    不動産賃貸他

    不動産賃貸他の売上高は364百萬円(前年同四半期比0.6%減)、営業利益は205百萬円(前年同四半期比1.9%減)となりました。

    財政狀況サマリー

    総資産

    36,508百萬円

    純資産

    16,930百萬円

    自己資本比率

    46.4%

    財政狀況

     當第3四半期連結會計期間末における資産総額は36,508百萬円となり、前連結會計年度末より3,774百萬円増加いたしました。これは、受取手形及び売掛金の増加(1,261百萬円)、商品及び製品の増加(1,147百萬円)、流動資産その他に含まれる未収入金の増加(610百萬円)などによるものであります。
     負債総額は19,577百萬円となり、前連結會計年度末より2,885百萬円増加いたしました。これは支払手形及び買掛金の増加(1,019百萬円)、電子記録債務の増加(2,010百萬円)などによるものであります。
     純資産総額は16,930百萬円となり、前連結會計年度末より888百萬円増加いたしました。これは、親會社株主に帰屬する四半期純利益を計上したことなどによる利益剰余金の増加(746百萬円)、その他有価証券評価差額金の増加(212百萬円)などによるものであります。

    トップに戻る

    とらぶるだいあり在线